私たちの胃は小さなフラップで開催された食品の強力な混合を提供します。胃液を含浸させた食品は、強い酸性を取得し、この状態は非常に重要です。この理由のために、望ましいように酸性混合物は、身体の他の部分に落ちました。上側のバルブがタスクに対応できない場合は、積極的なメディアと食品混合物が食道に入ったと、このように、胸焼けの原因となります。

心臓発作に似て似ているとき、広く胸焼けが心に関連付けられていないことを知られているが、胸の中にいくつかのケースでは、焼けるような痛みです。


以下に、我々は胸焼けの防止の観点でやってはいけない事を見てください。

心のこもった食事の後に水平方向の位置を取ります

食事の後には、睡眠中の体の上部を持ち上げ、余分枕またはくさびを、座ってする必要があります。同様のトリックがあるため重力の定数の食道に強く混合物を打つprofilaktirovatます。また、興味深いのは、睡眠座っは望ましくない食べるの可能性を減少させるという事実です。

大部分があります。

胃の壁は食品からの過度の圧力を経験している場合は、可能性酸混合物の集中的な消化は、食道、はるかに波及すること。

製品の扇動の過剰使用

私たちの多くは胸焼けをじかにに精通しています。しかし、ユニットは、このような問題の主な原因は、酸の過剰量の生産を誘発する製品であることを知っています。これは、個々のために危険な製品のリストことに留意すべきです。原則として、「ブラックリストは、」辛い食べ物、酸性果実飲料、ソーダを含んでいます。いくつかのために、彼らは他の人のために、無害である - タブー。

むやみにミルクで身をふけます

あなたが胸焼けの時折発作によって特徴づけされている場合は、対処するための最良の方法は、自然食品の制酸剤の採用となります。それが自然すでに嘆かわしい事態を悪化させるされた酸の生成を活性化し、短時間でタンパク質を含んでいるため、(ときにはその使用を一時的に胃を落ち着かかもしれないが)ミルクはあなたのためではないことに注意してください。

参照:  頚椎の改善を

長時間の発作を無視

食道内灼熱感がより4週間以上週2回繰り返された場合は、医師を訪問について真剣に考える時間です。この必要性は、それがより深刻な慢性疾患に信号を送ることができるという事実から生じます。それは食事の後、頻繁に胸焼けに来るとき、それは潰瘍を指すことがあります。


今胸焼けホームを取り除くために簡単な方法を検討

ジャガイモのジュース

ポテトジュースは胸焼けに対処するための最も効果的な方法の一つです。ジュースが急速に酸化し、その有益な特性を失うされているため、使用直前にやる価値にJuicing。一度に準備するために、我々は、緑化や病原菌のない3個の大きなジャガイモを必要とします。徹底的おろし金で目や摩擦をきれいに、洗い流さ。後にチーズクロスで圧迫。朝食前空腹時に半分の時間を取る必要があります。治療のコースの10日が、最初の数日間であなたが改善を感じるだろう。

カモミールの注入

カモミールの注入は十分に胃の酸性度を減らすことができます。その日は、注入の3杯を飲む必要があります。1つのカップ熱湯で20分後tseditsyaと小さな一口に酔っ注入大さじ3カモミールスプーンです。治療のコース - 3週間。

吸収性炭素

胸焼けに対抗するための、シンプルで非常に効果的な方法は活性炭です。その有効性は、胃酸を吸収することができるという事実によるものです。多くの場合、活性炭錠剤と2飲料水、胸焼けの最初の兆候で、十分です。

胸焼けからソバ

おそらく胸焼けを取り除くための最も手頃な価格のオプションがそばです。準備のためにあなたは茶色になるまで乾燥したフライパンにグリッツを揚げるする必要があります。そして、コーヒーグラインダーとグラインドで粉末に乳鉢でポンド。線量「ピンチ」を受け入れ、30分間水を1日3回飲みます。食事の前に。また、単に蕎麦料理の食事に追加することをお勧めします。

参照してください:  すばやく免疫力を高めるためにどのように

ミネラルウォーター

胸焼けのscheloschnuyuや水力のミネラルウォーターを飲むことをお勧めします。あなたは、このような水が唯一のガラス容器になければならないことに注意し、薬局でそれらを見つけることができます。


胃液についてのいくつかの単語

胃の中で、食品は塩酸溶液の参加と切断されます。知られているように、これは錆から鉄鋼製品の洗浄のために業界で使用される強力な化学物質です。腐食能力塩酸により、例えば、電池に使用される硫酸を濃縮よりも有効ではありません。毎日、胃は苛性液体の2〜3リットルをリリースしています。

生物中の塩酸の溶液は、関数のペアを運びます。第一に、それは消化管に影響を与える有害な細菌から保護します。第二に、この酸は、タンパク質を分解に関与する他の消化酵素の数を活性化させます。

それ自体は、その内面の酸攻撃に対して不透過性である胃する粘液の厚い層を有します。また、胃粘液細胞の下で、古いものを拒否し、新しいものに置き換えます。これは数日だけのカップルが必要です。



コメントを残します

あなたのメールアドレスは公開されません

このサイトでは、は、Akismetスパムフィルタを使用しています。あなたのデータのコメントを処理する方法を学びます